拡大と発展を司る ”木星” と
縮小と停滞を司る ”土星” のアスペクト

木星 土星 アスペクト

 

木星と土星のみで形成する、コンジャンクション(合)0°、セクスタイル60°、トライン120°、オポジション(衝)180°、スクエア90°のパターンに分けて、アスペクトによる影響を紹介しています。

 

西洋占星術における 木星と土星のアスペクト(前書き)

木星土星のアスペクトは、「木星拡大土星縮小」がのように真逆に作用する行動が繋がりアスペクトです。
木星と土星は、共に「ソーシャルプレネット」と言われ、社会性を司る天体です。

木星は、射手座のルーラーであり、拡大と発展を司る天体です。

土星は、山羊座のルーラーであり、サブルーラーは水瓶座です。
萎縮や遅延を司りますから、物事に関わる事柄としてはあまり喜ばしいイメージはありませんが、安定性をもたらします。

ちなみに…

  • ライツ…太陽と月のことを言い、人格の中心を表します。
  • パーソナルプレネット…水星・金星・火星のことを言い、個性の部分にあたります。
  • ソーシャルプレネット…木星・土星のことを言い、社会性の部分にあたります。
  • トランス・サタニアン・プラネット…天王星・海王星・冥王星のことを言い、世代的な事や個人を超えた部分にあたります。

スポンサーリンク

木星と土星 コンジャンクション 0°(合)

オーブ(許容度数):6度

0° コンジャクション記号質実で剛直な努力家

コンジャンクション(合)のアスペクトは、同じ四元素(エレメント)で、同じ三区分(クオリティ)、同じサインで構成されるアスペクトです。

木星 土星 合

強調のアスペクトコンジャンクション(合)を上記の図の場合では、山羊に木星と土星が入っています。
四元素(エレメント)は、共に土の元素で、三区分(クオリティ)においても同じ、活動宮です。
そして、もちろん同じサインの山羊です。
(バックグランドが、ピンク:活動宮、黄色:不動宮、水色:柔軟宮)

天王星・海王星・冥王星が発見される前は、木星と土星のコンジャンクション(合)のことをグレートコンジャクションと言われ、大きな影響力をもったアスペクトとして扱われていました。

木星と土星のコンジャンクション(合)は、20年に一度だけ形成するアスペクトです。

グレートコンジャンクションが起こった時期とそのサイン

  • 1940年~1941年4月頃まで、牡牛サイン
  • 1961年に山羊サイン
  • 1981年に乙女サイン・天秤サイン
  • 2000年に牡牛サイン
  • 2020年12月に山羊サインの26°~28°あたりで起こり更に冥王星もコンジャンクション(合)

木星と土星 コンジャンクション(合)のアスペクトによる影響

土星が司る”規則”の下で木星が発展するアスペクトです。
土星た促す規則には、木星が担当する哲学や精神性が加わるので、社会性があり、教育指導においても成功するでしょう。
質実で剛直な努力家です。
基本的には保守的な思想の持ち主のようです。

出生図の木星にトランジットする土星とのコンジャンクション(合)

人生において発展させてきたことを確実なモノにし、安定させる努力することを求められる時期です。
精神性と現実性をすり合わせ事が必要となるので妥協せざるを得ない状況になることもあるでしょう。

スポンサーリンク

木星と土星 セクスタイル 60°

オーブ(許容度数):4度

60° セクスタイル記号道徳的ルールを好む

セクスタイルのアスペクトになる場合のエレメント(四元素)は、基本的に”風と火”・”地と水”です。
”地は水の器になるり”、”火は風に煽られさらに燃え上がる” ような関係です。
異元素からの影響を燃料のように使います。

クオリティ(三区分)においても、基本的に”活動宮と柔軟宮”、”不動宮と活動宮”、”柔軟宮と不動宮”の関係です。
それは、無理なく有効に能力を次へ発動させます。
木星 土星 セクスタイル デクスター 上記の図の場合では、蟹に木星が入り、乙女に土星が入っています。
四元素(エレメント)は、”水と地”。
三区分(クオリティ)は、”活動宮柔軟宮” です。
(バックグランドが、ピンク:活動宮、黄色:不動宮、水色:柔軟宮)

上記の図の木星は逆行中(R)で、土星も逆行中(R)です。
木星と土星がオポジション(衝)を形成した後に起こるセクスタイルです。
順行中の天体ならばシニスターなのですが、逆行中なのでデクスターです。
シニスターよりデクスターの方が影響が大きいと言われています。

集団性を表すサイン「蟹座」に木星が入っています。
その木星とセクスタイルを形成する乙女の土星は、きめ細やかな調整(規則化)を行い安定した環境づくりに貢献します。
真面目で細部にも気がつき、家庭的な雰囲気で仲間をまとめるタイプ。

木星と土星 セクスタイルのアスペクトによる影響

土星による規則に対する意識が、木星の発展に貢献し安定性を適度に影響します。
土星が司る「規則」は、ガチガチに固められた規則ではなく道徳的な要素も考慮されています。
木星が司る「援助」においても年長者からの引き立ても得られるので、スムーズな人生になるでしょう。

スポンサーリンク

木星と土星 トライン 120°

オーブ(許容度数):6度

120° トライン記号真面目で努力家

ソフトアスペクトのトラインでは、基本的に土星と木星のエレメント(四元素)同じ元素となります。
調和のとれた関係で、さらにクオリティにおいても”活動から不動”に、”不動から柔軟”に、”柔軟から活動”へ矛盾なく流れます。
(バックグランドが、ピンク:活動宮、黄色:不動宮、水色:柔軟宮)

木星 土星 トライン シニスター上記の図の場合では、魚に木星が入り、蟹に土星が入っています。
双方ともに、水のサインですから、四元素(エレメント)は、””。
三区分(クオリティ)は、”柔軟宮不動宮” です。

上記の図に書かれているシニスターは、オポジション(衝)を形成した後、トラインを形成したアスペクトのことを言います。

集団作りに長けている蟹座が、土星の安定性が促され、安定した人間関係が気付けるでしょう。
ただ、柔軟性に欠ける部分があるので、想定外の出来事に対する対処が苦手です。
しかし、そこは柔軟性に長けている魚座の木星が、包容力で上手に対処します。

木星と土星 トラインのアスペクトからの影響

木星と土星で形成されるトラインは、真面目で誠実です。
ただ、スピード感には乏しい面があります。
持続や安定を要求される事柄には、非常に能力を発揮します。
その努力と引き換えに必ず正当な報酬が得られるので、何事も正攻法を選択すると良い結果に恵まれます。

スポンサーリンク

木星と土星 オポジション 180°

オーブ(許容度数):6度

180° オポジション記号将来的には、御意見番かも?!…

オポジションのアスペクトでは、エレメント(四元素)が、”地と水”・”火と風”ですからお互いを活かす効果がある関係です。
クオリティにおいては、”活動宮”ならば活動宮同士のように同じクオリティです。
(バックグランドが、ピンク:活動宮、黄色:不動宮、水色:柔軟宮)

異質な元素を燃料のように使い、そのエネルギーを同じ性質(クオリティ)で発揮します。

その為、過剰になる傾向が現れやすアスペクトです。

木星 土星 衝 オポ上記の図の場合では、牡牛(地)に木星が入り、蠍(水)に土星が入っています。
四元素(エレメント)は、”” です。
三区分(クオリティ)は、”不動宮不動宮” です。

牡牛サインに入る土星の影響により、物質的安定を図ろうとします。
ただ、自分の中にある拘りをコントロールする必要も発生します。
その際は、蠍サインの木星が道徳的な精神力を発揮してくれるでしょう。

木星と土星 オポジション(衝)のアスペクトからの影響

土星が担当する「規律や規制」を木星が活発に発展させようとします。
それが、少々大げさであったり、やり過ぎな面も表れるでしょう。
模範を示す立場になれば、その能力を活かすことが出来のですが。
若い頃は、自分の能力を超えた計画や野望を抱き苦労する事もあるでしょう。

スポンサーリンク

木星と土星 スクエア 90°

オーブ(許容度数):6度

90°スクエア記号発展と縮小のバランスに混乱

このアスペクトは、基本的にエレメント(四元素)が、異元素同士(”地と風”・”火と地”・”火と水”・”水と風”)の関係となります。
クオリティにおいては、”活動宮”ならば活動宮同士のように同じクオリティです。
(バックグランドが、ピンク:活動宮、黄色:不動宮、水色:柔軟宮)

木星 土星 スクエア シニスタースクエアを上記の図では、牡羊(火)に木星が入り、蟹(水)に土星が入っています。
四元素(エレメント)は、”” のペアです。
三区分(クオリティ)は、”活動宮活動宮” のペアです。

パイオニア的な気質を活かしながら建設的に活動しようとする牡羊の木星に対し、蟹の土星がブレーキをかけてしまい保守的な活動を促そうとします。
水の元素である蟹が、火の元素である牡羊の”火”を”水”で消してしまうような状態です。

木星と土星 スクエアのアスペクトからの影響

異質な四元素(エレメント)で剋し合いながら、同じ行動で消耗するので、要領の悪さを感じるようです。
タイミングの悪さや環境の悪さにより、チャンスを逃すこともあるでしょう。
そのような状況を想定しつつ地道に歩む事で発展します。
木星や土星は、熟年あたりにならないと理解できない天体です。
年齢が増すごとに辛さを感じなくなるでしょう。

スポンサーリンク