包容力と道徳心を象徴するの ”木星” と
破壊と再生を象徴する ”冥王星” のアスペクト

木星 冥王星 アスペクト

 

木星と冥王星のアスペクトが、コンジャンクション(合)0°、セクスタイル60°、トライン120°、オポジション(衝)180°、スクエア90°の各パターンで形成した場合、出生図に現れる影響を詳しく紹介しています。
また、ネイタルチャートの木星に冥王星がトランジットした際に現れやすい影響も記載しています。

 

西洋占星術における 木星と冥王星のアスペクト(前書き)

木星は、射手座のルーラーであり、魚座のサブルーラーです。
拡大と発展を司る天体ですから、良い事に関して喜びとなりますが良くない事も拡大します。
木星は、ソーシャルプレネットと言われ、社会的な事柄に影響を及ぼす傾向がある天体です。
個人に及ぼす傾向としては、おおらかで包容力が豊かな気質を表します。

冥王星は、蠍座のルーラーであり、破壊と再生を司る天体とされています。
冥王星は、土星より外側にありトランス・サタニアン・プラネット(天王星・海王星・冥王星)に属します。

木星冥王星のアスペクトは、「木星=拡大と発展、冥王星=破壊と再生」が絡むアスペクトです。

スポンサーリンク

木星と冥王星 コンジャンクション 0°(合)

オーブ(許容度数):6度

0° コンジャクション記号強い権力欲

コンジャンクション(合)のアスペクトは、同じ四元素(エレメント)で、同じ三区分(クオリティ)、同じサインで構成されるアスペクトです。
木星 冥王星 合強調のアスペクトコンジャンクション(合)を上記の図の場合ですと、に木星と冥王星が入っています。
同じの元素で、クオリティにおいても同じ柔軟宮です。
(上記の図のバックグランドが、ピンクは活動宮、黄色は不動宮、水色は柔軟宮)

上記の図の場合を例にすると、魚座のサブルーラーとなる「木星」がはいっていますから、この木星は本来の居場所に居る状態ですからベストコンディションの木星と言えます。
そこに、魚座に冥王星が入りコンジャンクション(合)しています。
新しい事を始める(活動宮)のサインではありません。
柔軟宮の魚座ですから今までの経験を活かし、柔軟に取りまとめる大きな底力を深い愛情で発揮します。

木星と冥王星 コンジャンクションのアスペクトからの影響

木星と冥王星のコンジャンクション(合)のアスペクトを持った方は、人を引き付け、権力を握ることに恵まれやすいでしょう。

自分の中に存在する「善良性」に対し絶対的な自信があります。
その自信が「傲慢」なカタチで現れる傾向があるのです。

その為、社会的に高い地位を得ていない状態の時期は、権力を否定する行為を「善」とみなし、権力を握ると権力主義者に変貌する傾向があります。

その結果、権力者の人選を行う「陰の実力者」となるようです。

トランシットの木星と冥王星 コンジャンクション(合)

出生図の冥王星とトランシットの木星がコンジャンクション(合)になるタイミングは、12~13年毎に訪れます。

誰にでも平等に社会的地位や経済力アップに恵まれる時期が訪れます。
しかし、金の亡者となる可能性も秘めています。
この時期は、自分の精神性を高める事が大切です。
その学びにより、今後の人生の歩みが支えられる事となります。

スポンサーリンク

木星と冥王星 セクスタイル 60°

オーブ(許容度数):4度

60° セクスタイル記号公明正大

セクスタイルのアスペクトになる場合のエレメント(四元素)は、基本的に”風と火”・”地と水”です。
この関係では、”地は水の器になるり”、”火は風に煽られさらに燃え上がる”
このように、異元素からの影響を燃料のように使います。

クオリティ(三区分)においても、基本的に”活動宮と柔軟宮”、”不動宮と活動宮”、”柔軟宮と不動宮”の関係です。
それは、無理なく有効に発動させます。
木星 冥王星 セクスタイル上記の図の場合は、射手に木星が入り、水瓶に冥王星が入っています。
四元素(エレメント)の関係は、”火と風”です。
三区分(クオリティ)においては、”柔軟宮と不動宮”です。
(上記の図のバックグランドが、ピンクは活動宮、黄色は不動宮、水色は柔軟宮)

上記の図では、射手座の木星が豊かな哲学性を未来構築の理念に活かすようなカタチになるでしょう。
このアスペクトは、異質な元素からの刺激を上手に応用するアスペクトです。

木星と冥王星 セクスタイル アスペクトの影響

木星の包容力と人徳に冥王星の凄みが加わり、カリスマ性を発揮します。
何事にも怯まない堂々とした姿勢。
哲学や高い精神性が加わると指導者としての能力も発揮する事が出来きます。
公明正大な志を持ち、人々に施すことが幸運へ繋がります。

スポンサーリンク

木星と冥王星 トライン 120°

オーブ(許容度数):6度

120° トライン記号高いレベルの自己肯定

ソフトアスペクトのトラインでは、基本的に冥王星と木星のエレメント(四元素)同じ元素となります。
調和のとれた関係で、さらにクオリティにおいても”活動から不動”に、”不動から柔軟”に、”柔軟から活動”へ矛盾なく流れます。
(下記の図のバックグランドが、ピンクは活動宮、黄色は不動宮、水色は柔軟宮)

木星 冥王星 トライン上記の図のトラインアスペクトの場合では、射手(柔軟宮)に木星が入り、獅子(不動宮)に冥王星が入っています。
双方ともに四元素(エレメント)は、火です。
三区分(クオリティ)は、”柔軟宮と不動宮”です。

同じ元素(この場合は「火」)なので、同じ資質のモノを継続しつつ柔軟に発展させる関係です。
獅子座の冥王星は、高尚となりますから勢いが強く、また射手座の木星もルーラーですから双方ともに強い星と言えるでしょう。
常に変わらない情熱を継続させる強い底力(獅子座の冥王星)を多方面に飛び火させる(射手座の木星)させる行動に矛盾がなくスムーズに行われます。

木星と冥王星 トライン アスペクトによる影響

「情けは人の為ならず」のような精神を自然に持っています。
また、常に力強く野心を持って人生を歩みます。
周囲の人々は、その野心を認めるでしょう。
ただ、木星と冥王星のトラインですから、若い頃は上手に使いこなすことが出来ないかもしれませんが、人生の半ば以降~後半になる頃には「人徳」を得て、社会的な成功や権力を得る傾向があります。

スポンサーリンク

木星と冥王星 オポジション 180°

オーブ(許容度数):6度

180° オポジション記号過剰な言動になりやすいかも…

オポジションのアスペクトでは、エレメント(四元素)が、”地と水”・”火と風”ですからお互いを活かす効果がある関係です。
クオリティにおいては、”活動宮”ならば活動宮同士のように同じクオリティです。
(下記の図のバックグランドが、ピンクは活動宮、黄色は不動宮、水色は柔軟宮)
この影響により、互いの資質を前へ押し進めます。

しかし、その行動が過剰になる傾向が現れやすアスペクトです。
木星 冥王星 オポジションオポジションのアスペクトを上記の図で例えますと、魚座(水)に木星が入り、乙女座(地)に冥王星が入っています。
四元素(エレメント)では、”水と地”の関係です。
三区分(クオリティ)では、”柔軟宮と柔軟宮”です。
柔軟サインのオポジションですから、非常に変化に対し柔軟に対応を行います。

木星と冥王星 オポジションのアスペクトによる影響

オポジションは、常に行き過ぎた行動になりやすい傾向があります。
しかし、対外的に自分を押し出す為には他者より突き抜ける必要があるのでそれは仕方ない行動であり、その行動があるお蔭で自分の殻を破ることが出来るのでしょう。

木星と冥王星のオポジションの場合、それがド派手に現れやすく、傍目には「悪趣味」に捉えられる傾向があります。
法律やモラルを司る木星が強烈な冥王星のパワーを受けることで「自分ルール」を人々に押し付ける傾向もあるでしょう。

トランシットの木星と冥王星 オポジション

富や権力を強く滅亡しやすい時期となるでしょう。
「過ぎたるは猶及ばざるが如し」を心がけ、社会的妥当性とモラルに反しない行動が心がけることが大切です。
また、私利私欲に直結するパワーの使い方は改める必要があります。

スポンサーリンク

木星と冥王星 スクエア 90°

オーブ(許容度数):6度

90°スクエア記号芸術的センスと思考力

このアスペクトは、基本的にエレメント(四元素)が、異元素同士(”地と風”・”火と地”・”火と水”・”水と風”)の関係となります。
クオリティにおいては、”活動宮”ならば活動宮同士のように同じクオリティです。
(下記の図のバックグランドが、ピンクは活動宮、黄色は不動宮、水色は柔軟宮)

木星 冥王星 スクエアハードアスペクトのスクエアを上記の図の場合では、射手(火)に冥王星が入り、乙女(地)に木星が入っています。
四元素(エレメント)は、”火と地”です。
三区分(クオリティ)は、”柔軟宮と柔軟宮”です。

優れた管理能力に恵まれた乙女座にとって大らかな気質を持った「木星」を上手に使いこなせない様です。
その状態で、異質な元素による射手座の冥王星とのトラインアスペクトの影響を受ける為、迷いや矛盾を抱える事でしょう。
しかし、双方ともに柔軟宮ですから、柔軟な対応を上手に使うことが出来れば、面白いモノが生まれるはずです。
例えば、射手座的哲学論を乙女座的に実務に取り入れる事で新しい生産活動に繋がるかもしれません。

木星と冥王星 スクエアのアスペクトによる影響

スクエアは、まるで出会い頭で起こる衝突のような状況です。
それは、断続的に起こる傾向があります。
道徳に強く関わる「木星」が深く大きな力を持つ「冥王星」との関係で衝突となります。公的な場で横柄な力が想定外の処から現れ、大きな力により進路変更をさせられ理不尽さを感じたり、自分自身が横柄になる可能性もあります。

スポンサーリンク