トールハンマー「Thor’s Hammer」
北欧神話の雷神トールが持つ武器で「雷鎚(イカヅチ)」

トールハンマー複合アスペクト

トールハンマーを出生図に持つ人は「トールに代わって、お仕置きよ!」とばかりに「神の拳」他者に振りかざします。

その行動は、肉体的暴力でなく。
鋭い指摘容赦ない批判で相手を再起不能に至るまでコテンパンに叩き潰します。(精神的ハンマー)

スポンサーリンク

ホロスコープにおける「トールハンマー」形成上の特徴

トールハンマー アスペクト

  • セスキコードレイト(135度)2つとスクエア(90度)1つで構成する二等辺三角形。
  • セスキコードレイト(135度)とスクエア(90度)は、共にハードアスペクト。

ハードアスペクトのみで形成される複合アスペクトは「神の拳」とも言われ、「トールハンマー」とも言われています。

トールハンマーのオーブ(許容範囲)

  • マイナーアスペクトのセスキコードレイト(135度)のオーブ:±3度以ぐらい(太陽・月の場合は±4度くらい)
  • メジャーアスペクトのスクエア(90度)のオーブ:±6度ぐらい(太陽・月の場合は±8度ぐらい)

セスキコードレイト135° セスクィクォドレート記号 はマイナーアスペクトだが重要

インコンジャンクトのように、エレメント・クオリティ・2区の全て異なる要素で形成するセスキコードレイト(①パターン)とトラインの資質を持つセスキコードレイト(②パターン)の2パターンがあります。

  • ①パターンでは、感受点Bと感受点Cはエレメント・クオリティ・2区の全て異なる要素で形成します。
    上記の図では、感受点B:天秤座(風・活動)と感受点C:牡牛座(地・固定)です。
    噛み合わない要素で形成さらたアスペクトですから、強い緊張を伴いますが努力や困難を引き換えに才能や能力を磨く力が得られる可能性はあります。
  • ②パターンの場合は、エレメントが「水と水」「火と火」のように同じエレメントです。
    上記の図では、感受点A:水瓶座(・固定)と感受点B:天秤座(・活動)です。
    同じエレメントですから、トラインの才能と資質を持ちます。
    従って、関係性としては「トライン」のような機能する場合がありますが、怠惰的に機能する(オートマティック)場合もあります。

トールハンマーの短辺はスクエア

上記の図では、感受点A:水瓶座(風・固定)と感受点C:牡牛座(地・固定)ですから、固定サインのスクエアの関係です。

互いに譲れない頑固さが葛藤の原因になる関係。

活用ポイントとしては、扱いづらいスクエアですが。
建設的に安定させた上で鋭角となる感受点(上記図は感受点B)にエネルギーを注ぐような活用になります。

スポンサーリンク

ネイタルチャートのトールハンマー

古典的にはハードアスペクトを「凶角」と表現されていますが…

それは極一部の事象だけを切り取って短絡的に「凶」に当てはめただけ!

確かに渦中の最中では、本人の中で葛藤を抱えていたり、緊迫した人間関係の中で悩むこともあるでしょう。

しかし! それは人生の極一部分の出来事で、振り返れば「必要な出来事」だったはず!

人はある程度の緊張や挫折がなければ成長はあり得ません。

スポンサーリンク

トールハンマーを持つ人

ハードアスペクトの塊のような「トールハンマー」をネイタルチャート(出生図)に持つ方は、あらゆる要素を駆使して活用する能力に長けているので、非常に頭の回転が速く、ユーモアのセンスもずば抜けています。

長所と短所は表裏一体ですから、この長所を活かして「粋な皮肉」へ発動させる場合もあります。

トールハンマーを形成する感受点にもよりますが、以下のような人格形成が成されます。

  • ピンチをチャンスにする
  • 失敗は成功の母
  • 緊張に強いメンタルが育成される
  • 不屈の精神が創り出される
  • 周囲から一目置かれる存在になる

道理に反した事を推し通そうとする人や混乱した状況を治める為に必要な「神の拳」ですが…。

正当性が高く、どんなに完璧で間違いが一切なくても「人を批判する行為」には違いありません。

「神の拳」を使ったことで、何らかの不利益が生じる場合もあります。

「正義」を掲げて使った「神の拳」でも、違う価値観を持った人々から見ると「悪」と判断する場合もあります。

なので、逆恨みや逆に批判を受けることも起こります。

頭脳の回転に優れている方が多いので、状況を把握してリスクヘッジを施すか、それとも「神の拳」を封印するかを判断します。

その結果、「神の拳」を使わないまま、心の中では悶々とした状態になる場合もあります。

スポンサーリンク

トールハンマー アスペクトを持つ有名人

彼のYouTubeを見て「あれ?この人もしかして…」と思い、ホロスコープを見ると!

やっぱり! トールハンマーがありました!

その方は「メンタリストDaiGoさん」です。

幼少時は8年間に渡りいじめを受けていたが、母親をバカにされた怒りで突発的に工作室に落ちていたナタを投げてから周囲の反応が一変し、それがきっかけで自分の行動一つで世界は簡単に変えられると考えるようになったという。

Wikipediaより

また、YouTubeの「意志の力のいらない悪い癖の直し方」では

0:23 あたりのコメントで…
面倒くさい奴がいたら2パターンです。
「味方にするか」「息の根を止める」
大事な人を守る為には余裕で潰す。

下記のホロスコープは、メンタリストDaiGoさんのネイタルチャートです。
生まれた時間は不明なので、仮に12:00で作成しています。

出生図トールハンマー

トールハンマーの焦点

獅子座0°(もしかしたら蟹座)の月が「家族を守れ!」と発動のスイッチを入れる。

魚座と射手座のスクエア

発動の有無と手段は、射手10°土星と魚13°木星のスクエアで吟味されています。

魚座木星としては、極力「赦す・受け入れる」ことを希望するのですが。

射手座土星としては、如何に効率よく合法的に行うかを模索する。

その為、両者間では葛藤が起こります。

獅子座月と射手座土星は、トラインの関係ですからトールハンマーの発動は比較的「正義」による情熱なのかもしれません。
月が蟹座ならば、防衛的なトールハンマーなのでしょう。

いずれにしても「家族や大切な人の為」がトリガーなのですね。

「母親をバカにされた怒りで突発的に工作室に落ちていたナタを投げた」この出来事で人生がガラッと変わったのですから、トールハンマーを持っている方は発動させるべきなのかもしれません。

関連記事(一部広告含む)