インコンジャンクトとは

インコンジャンクト ホロスコープこの記事では、「獅子座と山羊座」「獅子座と魚座」「魚座と天秤座」「乙女座と水瓶座」の各組合せのインコンジャンクトによる関係性とポジティブな影響の一例をイメージ的に紹介します。

スポンサーリンク

インコンジャンクト アスペクトの特徴

四元素(エレメント)・クオリティ(三区分)・二区分の全てが異なるパターンで形成するアスペクトです。

詳細については、こちらに記載しています。

 

獅子座と山羊座 インコンジャンクト150度

インコンジャンクト 獅子座 山羊座 魚座

  • 獅子座:火のエレメント、固定サイン、ルーラーは太陽
  • 山羊座:地のエレメント、活動サイン、ルーラーは土星

獅子座は自分の中から沸き上がる「遊び心」や「創造性」を周囲に向けて表現することでテンションが上がりイキイキします。

ルーラーが太陽ですから常に自分が光を放つスタンスなのですが。

周囲の反応はあまり気にしていない…むしろ、気にする必要はなくそれが「獅子座気質」なのです。

その獅子座とインコンジャンクトとなる山羊座は、社会的秩序や規則を重んじます。
さらに現実的で成果主義です。

なので、獅子座と山羊座の両サインで、遊び心に制限がかかったり、創造や表現に成果を求められることを経験するでしょう。

インコンジャンクトの利点

一人の人間の中に獅子座と山羊座のインコンジャンクトがあって、その人の心の中を擬人化したイメージの一例です。

家計の主導権を握る奥様と創造性を発揮して人生を謳歌した旦那様がその人の中に存在しているようなイメージです。

「人生を謳歌す=奥様の幸せ」だと、勝手に旦那様が思い込んでいるですが。

奥様は「安定と堅実な歩み=健全な家庭であり幸せ」と感じているのです。

このせめぎ合いの落としどころとしては「成果に繋がらない創造性」を「成果に繋がる創造性」に向かわせる為の訓練(インコンジャンクト)が発動します。

150度のインコンジャンクトは、両サインに対し、互いに歩み寄りとする合わせが必要になります。

その結果、少々ストレスが発生するのですが、自己実現へ向かう為の起爆剤になり得るアスペクトです。

  • 関係性:インコンジャンクト

スポンサーリンク

獅子座と魚座 インコンジャンクト150度

インコンジャンクト 獅子座 山羊座 魚座

  • 獅子座:火のエレメント、固定サイン、ルーラーは太陽
  • 魚座:水のエレメント、柔軟サイン、ルーラーは海王星(サブルーラーは木星)

獅子座のルーラーであある太陽は周囲の天体全てに光を与えていますが、それは太陽の意志で周りの天体を照らしているのではなく「光りたいから光ってる」だけで、周囲の天体はその光を受動的にあてられているのです。

その獅子座とインコンジャンクトで繋がる魚座は、十二星座のラストサインなので全てのサインの集大成となります。
なので、全ても要素をすべて引き込み曖昧(海王星象意)にします。

インコンジャンクトの利点

例えば、演劇や映画など「表現」を作品にしようと取り組む人物がいるとします。
その人の中で、獅子座と魚座のインコンジャンクトによる訓練が施され、バランスよく発動した場合。

表現者(獅子座象意)が、全ての要素(情報)を取り入れ(魚座象意)表現する。
若しくは全てのリクエストに応じることが出来る表現力を身に着けることが出来る。

インコンジャンクトの折り合いが上手く活かされない場合では…。

魚座に流された獅子座状態(魚座>獅子座)になると、ごちゃまぜすぎて一貫性がなく表現者の意図が伝わらない。
逆に、獅子座のエネルギーが強く魚座が弱く(獅子座>魚座)なると、表現者の自己満足が押し出され過ぎて面白くない作品が出来上がるでしょう。

インコンジャンクトは、オートマチックに発動するアスペクトではありません。
なので、発動の際には何らかのストレスが発生するかもしれません。

互いの天体にもよりますが…

それは緩和するには、獅子座は太陽なので平等に光を照らす、それが「太陽の役割」なので利己的な価値観を押し出し過ぎないことも必要になることもあります。

  • 関係性:インコンジャンクト

スポンサーリンク

魚座と天秤座 インコンジャンクト150度

インコンジャンクト 魚座 天秤

  • 天秤座:風のエレメント、活動サイン、ルーラーは金星
  • 魚座:水のエレメント、柔軟サイン、ルーラーは海王星(サブルーラーは木星)

天秤座は、活動的にコミュニケーションを図ります。

その活動の中で自分はどう見られているのか?
他者をどのように「おもてなし」するべきなのか?

その辺を気遣います。

ただ、その気遣いには「情」がモチベーションになっているのではなく「平等」を重んじているのです。

天秤座は、十二星座の中で、たった一つ無機質な物質「天秤」です。
天秤はバランスを崩すとひっくり返り「天秤」が壊れてしまうかもしれません。
なので、バランスを崩すリスクだけは極力避けたいのです。

その天秤座とインコンジャンクトする魚座の象意に「尽くす」、「自己犠牲」があります。
そして全てを「赦す」ことで、次のサイン牡羊にバトンタッチするのです。
次のステージに向かえば良いのですから、白黒決めずに「フワッ」としていていいのです。

なので、天秤座にとっては、バランスを崩すほどの「おもてなし」をする気は全くないのです。

ましてや「自己犠牲」なんてあり得ないのです。

しかし!意図も簡単に魚座が持ち込んでくるのですから…

かなりの妥協とする合わせが必要になるのかもしれません。

注意
この状況は、一人の人間の中で行われている感情や行動です。
天秤座 vs 魚座ではありません。

インコンジャンクトの利点

天体の公転周期で力関係を表すと「遅い天体>早い天体」となります。
また、そもそもホロス、コープ上のアスペクトは「インコンジャンクト」だけではなく、他のアスペクトも関与しているはずなので、「インコンジャンクト」だけにフォーカスしないでリーディングすることが重要です。

この場合、天体を除外してルーラーのみで捉えると、天秤座のルーラーは金星で魚座のルーラーは海王星(サブルーラーは木星)なので、金星と海王星。

「好きな事や快楽」を司る金星と何事も曖昧にする「海王星」のペアですからバランスを崩さないことが要になりそうです。

ただ、バランスが崩れても「どのようにして立て直すか」を訓練(インコンジャンクト)させられるので、見事なバランス感覚を鍛えられます。

  • 関係性:アンティシア(等しく強力)

スポンサーリンク

乙女座と水瓶座 インコンジャンクト150度

インコンジャンクト 乙女座 水瓶座

  • 乙女座:地のエレメント、柔軟サイン、ルーラーは水星
  • 水瓶座:風のエレメント、固定サイン、ルーラーは天王星(サブルーラーは土星)

乙女座は実務的な作業をこなす「奉仕的な行動(活動)」します。
柔軟サインですから受けた仕事を柔軟にこなすことで貢献しようとします。

その乙女座とインコンジャンクトする水瓶座は、常に未来に目を向ける未来志向です。
既存のルールや風習に新たな風をぶち込みたいと思う少々エキセントリックな気質を持っています。

乙女座は地のエレメントですから物質的思考でリスクを嫌う気質があるので「批判的思考」を持っています。

この組み合わせのインコンジャンクトはエキセントリックな宇宙人タイプ(水瓶座気質)と神経質なクラスの風紀委員タイプのトレーニング(インコンジャンクト)になりそうです。

リスクよりメリットで論破したい水瓶座ですが、それでは乙女座は納得しません。
リスクの必要性とリスクを拒むことで起こる「リスク」を理解させる方が手応えがありそうです。

注意
この状況は、一人の人間の中で行われている感情や行動です。
乙女座 vs 水瓶座ではありません。

インコンジャンクトの利点

天王星気質な事柄や物質面において、最近は色んなシーンに入り込んでいます。
今やインターネットやAIなどは、私たちの生活の必需品となっています。

仕事をする場所や雇用関係の有無にかかわらず、いつでもどこでもインターネットを交わしてパソコンで仕事が出来る時代になりました。
この状況はまさに! 乙女座と水瓶座の融合をイメージします。

水瓶座が向ける未来意識を如何に実現に向かわせるかをサポートしながら細部の作業を行うことでリスキーな水瓶座気質のリスク回避に貢献することを実現できるペアと言えます。

  • 関係性:インコンジャンクト

関連記事(一部広告含む)