アスペクトを読み解くには、一つのアスペクトに拘るのではなく、ホロスコープを広く見る感覚が大事です。
エレメント(四元素)クオリティ(三区分)の性質や関係性を理解して、具体的にアスペクトを読み解くと良いでしょう。
”木を見て森を見ず”になると、ストーリー(読み)が繋がらず、まとまりのないリーディングになります。

スポンサーリンク

アスペクトと四元素(エレメント)

同じ四元素(エレメント)で作られるアスペクトは、調和を表す”トライン(120°)”です。
イージー(ソフト)アスペクト

アスペクトを読む四元素

”地の元素”のサインで例えると…
山羊座(活動)→牡牛座(不動)→乙女座(柔軟)という関係で調和します。

トライン アスペクト 四元素 地

異質な四元素(エレメント)でも相性の良い”地と水”、”火と風”で作られるアスペクトは、”セクスタイル(60°)”です。
イージー(ソフト)アスペクト

60° セクスタイル2区分

火の元素

火のサイン…牡羊座・獅子座・射手座

精神性が強く、創造的な活力があり、独立性や自主性を好みます。
その気質が他者にとっては、突き放すように捉えられる傾向がります。

イージー(ソフト)アスペクト:セクスタイル
風の元素にとっては、火の元素のパワーとあっさりとした感覚を好みます。

ハードアスペクト:スクエア
水の元素にとっては、乱暴に感じる。

地の元素は、固めようとするが火の元素はそれを嫌います。

風の元素

風のサイン…双子座・天秤座・水瓶座

物事を知的に理解しドライに処理する能力に長けています。
また、情報や思想(風)を拡散させます。
いずれにしても感情移入はあまりありません。

イージー(ソフト)アスペクト:セクスタイル
火の元素にとっては、創造的な活力を拡散してくれる風の元素は有難い存在です。

ハードアスペクト:スクエア
水の元素にとっては、風の元素のドライ感に冷たさを感じる。

地の元素にとっては、実質的でないカタチのない情報や思想(風)を理解できない。

スポンサーリンク

地の元素

地のサイン…牡牛座・乙女座・山羊座

感覚的な能力が発達しているので、実際性・実用性・実務性を重視し、安定させようとします。
その為、仕切ったり、型にはめる事を好みます。

イージー(ソフト)アスペクト:セクスタイル
水は器の中で存在しますので、水の元素にとっては土の元素は必要な存在です。

ハードアスペクト:スクエア
火の元素は、飛び出したい!風の元素は、拡散したいので、地の元素の”固める”行動は息苦しく各々の能力を封じ込めるので衰退させてしまいます。

水の元素

水のサイン…蟹座・さそり座・魚座

価値基準のベースが感情や情愛が元となりますから、他者の感情も重要視します。
ビジネスライクに折り合いを付けることは好まず、情緒的にくっつきたがる。

イージー(ソフト)アスペクト:セクスタイル
「水=愛」である水の元素の入れ物の存在となる地の元素は水の元素にとっては必要であり、地の元素にとっても地が潤うので良い関係です。

ハードアスペクト:スクエア
火の元素に突き放され、風の元素に散らされるので、くっつきたい水の元素にとっては対局の関係。

スポンサーリンク

アスペクトとクオリティ(三区分)

クオリティ(三区分)を作るアスペクトは、スクエア(90°)になります。
ハードアスペクト

四元素と三区分 スクエアアスペクト

活動宮(Cardinal)

活動サイン…牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座
上記の図の赤いラインで結んだサイン

活動宮は、物事を始めて稼働させることを好み、積極的にアクションを起こします。
異質な四元素(エレメント)からの活動は方向性の違いから摩擦が生じます。

固定宮(Fixed)

固定サイン…牡牛座宮、獅子座宮、蠍座宮、水瓶座宮
上記の図の茶色のラインで結んだサイン

固定宮は変化を嫌い、異質な四元素(エレメント)からの変化を阻止します。

柔軟宮(Murtable)

柔軟サイン…双子座、乙女座、射手座、魚座
上記の図の青いラインで結んだサイン

柔軟宮は適応性に長け、変化を楽みます。
異質な四元素(エレメント)からの変化は混乱を招きます。

スポンサーリンク