第9ハウス

第9ハウスは、専門的な高等教育(大学)、哲学、宗教などの知識や思想を示します。
その延長上で関連する法律や人々に広めるための出版なども示します。

また、第9ハウスは「長距離の移動(遠いモノ)」も司ります。
その人が触れる異国情緒や文化を表すハウスです。

出生図のホロスコープにおける第9ハウスは、その人の「世界観」を表します。

ハウスの三区分…キャデント
ナチュラル・ハウスのサイン…射手座
サインのルーラー…木星

スポンサーリンク

第9ハウスの象意

第8ハウスで、特定の人との深い関わりから様々な経験を通じて学びます。
人によっては大きく人格が変わる場合もあるでしょう。
第8ハウスでの経験は囲われた中での体験と学びです。

第9ハウスでは、第8ハウスからの影響を理解し、探究した後、自由に思考を広めます。
第9ハウスは「社会的知識」ですから、公明正大に活用しようとします。
その方法として、出版やメディアを利用して人々に広める(木星的象意)事にあたります。

第9ハウスのワード

  • 高等(大学)などの専門的な学問
  • 宗教(宗教が絡む冠婚葬祭)
  • 哲学
  • 海外旅行や移住・留学もしくは、国内でも長距離移動の旅行や移転
  • 出版
  • 法律

 

第9ハウスで見る人間関係

第1ハウスの「自分」から数えて3番目は第3ハウス、その第3ハウスは「兄弟(姉妹)」を表す。

第7ハウスが示す「配偶者」から数えて3番目は配偶者の兄弟(姉妹)となりますから、第9ハウス「義理の兄弟(姉妹)」親戚を表します。

自分の子供を表すハウスは第5ハウス(第1ハウスの自分から5番目)です。

 第5ハウス(子)から数えて5番めである第9ハウスは「孫」にあたります。

スポンサーリンク

対極のハウス

ハウスは、向かい合うハウス(対極の位置)は関連した意味合いを持っています。
第9ハウスの対局は、第3ハウスです。

第9ハウスと第3ハウス

第3ハウスは基礎的な教育を表し、第9ハウスは高等もしくは、専門的な教育を表します。
この場合、第3ハウスも第9ハウスも「知識」を司ります。

第3ハウスは、何らかの作業をする方法や手順に関与する「テクニック的な知識」。
対する第9ハウスは、哲学や思想、法律のような「社会的な知識」です。

個人の中で起こる第3ハウスと第9ハウス

例えですが…

ある一人の歌手が、ボイストレーニングを受けて歌を歌っているとします。

この状態は、技を習得して歌っているだけですから、第3ハウス(水星のナチュラルハウス)を働かせています。
この状態では、歌詞に書かれている深い意味や情緒は一切理解せず、「テクニックのみ」で歌っている状態です。

その歌手が、歌詞の中に書かれているような事を経験したり、または理解できる年齢に達したときに歌う歌は「心」が入り、その歌い手なりの「哲学」のような思いが込められた「歌」となります。

同じ歌詞とメロディーでも違う歌手が歌うと感じが違います。
また、同じ歌手でも、ある程度の年齢に達してから、同じ歌を歌うと響きが違う(聞き手の心に響く)のはこのせいでしょう。

第3ハウスの技能が、第9ハウスの思想に伝わり「一皮むけた」事を成し遂げるわけです。

対極の関係は、ハードアスペクトである「オポジション」ですが。
その人の能力を更なるステージへ押し上げるパワーとなります。

第9ハウスに天体がない場合

ハウスに天体がない場合は、ハウス・カスプのルーラーで見ます。

ハウスに天体はないハウスの見方ついては、こちら第2ハウスの一例をご参考ください。

スポンサーリンク

第9ハウス・カスプ

各サインのルーラー(支配星)は以下の通りです。

  • 牡羊座=火星
  • 牡牛座=金星
  • 双子座=水星
  • 蟹座=月
  • 獅子座=太陽
  • 乙女座=水星
  • 天秤座=金星
  • 蠍座=冥王星、サブルーラーは火星
  • 射手座=木星
  • 山羊座=土星
  • 水瓶座=天王星、サブルーラーは土星
  • 魚座=海王星、サブルーラーは木星

スポンサーリンク

第9ハウスに在室する天体の意味

思想と探究のハウス
第9ハウスが示す状態を知るには、第9ハウスのカスプとハウスに在室する天体によるアスペクトの状態を知ることも大切です。

以下は、第9ハウスに在室する天体の場合です。

第9ハウス 太陽

「人生は学びから成り立ち、学びこそが人生」として探究し、異文化に触れる事を好みます。
地味でコツコツとした作業はあまり得意ではない傾向がありますが。

知的探求心や好奇心が旺盛で、視野が広く、志も高いです。
世界に目を向け、積極的にワールドワイドな世界に飛び込もうとするでしょう。
異国の文化への興味もありますから、海外に夢を抱いて移住を試みる方もいらっしゃいます。

第9ハウスに在室する天体にハードアスペクトが優勢に働いている場合、海外での災いや法的なトラブルに注意。

第9ハウス 月

異文化に触れたり、宗教や心理学などの精神世界に関した分野に興味を抱き関わろうとするでしょう。
基本的に人生観が変わりやすい傾向がありますが。
母からの影響であったり、自分が母になった時、男性なら妻からの影響などで人生観が変わるでしょう。
教養を満たしたい欲求が強く、習い事にも興味があります。
その欲求を満たすことで情緒的な安定と喜びを得られるでしょう。

第9ハウスの月にソフトアスペクトが優勢であれば、幼児教育に関する才能があり、教師としての適性もあるでしょう。

第9ハウス 水星

抽象的な思想・観念・さまざまな事柄や物をを解読する知的能力に長けている。
技術習得に止まらず、習得した技術を応用を利かせ、思考力を発揮させなければならない分野に向いている。

専門的な資格を取るために勉強をするのが好きではあるが、興味が拡散する傾向もあり集中力には欠ける。

自己の特徴を活かすには、能力を深める、更なる工夫と幅を広げると良い。

専門的な分野の教育や精神的分野の研究や文筆業の適性があります。

スポンサーリンク

第9ハウス 金星

金星は、その人にとって大切なモノ(愛情)や好きなモノ(所有的)を示す天体です。
その金星が第9ハウスに在室すると専門的な知識習得や教養を深める事に楽しみや喜びを感じます。

その為、カルチャースクールなどへ通いますが、その学びは趣味レベルです。
恋愛においては、倫理的に捉える傾向があり、恋愛論などの書物を好んで読み、自己の恋愛ポリシーがあるようです。
その学びが、自己の恋愛観となって、常にレベルアップを目指して相手を探しつづけます。

第9ハウス 火星

火星は対外的に自己を押し出す天体です。
その天体が第9ハウスに在室すると、第9ハウスが象徴する事を強く他者へ主張します。

強い向上心を持ち、自己を高める事は積極的に取り入れます。
第9ハウスが示す思想や探究においては熱狂的に取り組みます。
自分の意見や信念には自信があり、思い込みも激しくなります。
他者の意見を認めない為、論争となり、更には訴訟へ発展する危険性もあります。
この火星を上手に活かせる人は、法的な事を熟知し、その強みを強く主張ができる弁護士や政治組織の活動家として適性があります。

配偶者の親族との争いや旅先のトラブル注意。

第9ハウス 木星

木星のナチュラルハウスは第9ハウスです。
木星に相応しい居場所です。

異国の文化に触れる事で世界観が広がり幸福感が増すでしょう。
また、海外旅行や長期旅行に幸運があり外国関連事業での成功。

学者、聖職者、外交官、出版、マスコミなどに関わる職業で成功し、利益も得るでしょう。海外生活、外国語の熟達、の意味がある。
配偶者の兄弟(親族)との関係は良好で、様々な面で援助も期待できるでしょう。

しかし、ハードアスペクトが優勢な場合、自己を誇大に評価をして慢心する。

スポンサーリンク

第9ハウス 土星

第9ハウスが司る事柄において、真面目で無駄がなく、現実的な利益を堅実的に得ます。
義務や責任を重視するので、必然的に高い地位や高い収入を得ることもあるでしょう。
ただ、その道のりは長くなりそうです。
じっくり取り組むスタンスなので、長期間の研究に向いている。
また、伝統的な方針を重んじる為、保守的で排他的な思想に偏りがちです。

仕事で必要でない限り、旅行や出張は進んで行わない。

配偶者の兄弟や親族との付き合うはあまり上手くない。

第9ハウス 天王星

古いしきたりに縛られず、独創的で最新の思想や一風変わった哲学に興味を持ちます。
教育においても、新しい教育システムをやパソコン導入した方法などに興味を示します。
刷新的なアイデアや思想を持って発揮する。

ハードアスペクトが優勢な場合、異端で狂信的にな思想となり、変わり者として批判を受けたり、世間から受け入れられない危険性もある。
また、旅行中のトラブルに注意。

第9ハウス 海王星

第9ハウスが司る思想や探究を海王星は現実離れした実態がハッキリしない状態にします。
実質的ではなく、夢やファンタジーが限りなく広がる状態です。

この海王星のアスペクトがソフトに働き優勢であれば、鋭い直感力と感受性は働かせて理想を具体的に現実化させます。

芸実分野では有益に働き成功へ導くでしょう。
しかし、ハードアスペクトが優勢な場合、俗世間のことに無関心な状態に陥る傾向になりやすい。
海外などの遠方へのあこがれから放浪癖へ。

第9ハウス 冥王星

冥王星は破壊と再生を促す天体です。

第9ハウスが司る事柄に徹底的に働きかけ限界まで推し進めます。
「人間の生きる意味や宇宙の根源」といった領域にまで達します。
常識的で一般的な思想では浅はか過ぎるように思い妥協できな気持ちに陥る。

第12ハウスに天体が在室し、その天体と第9ハウスの冥王星とスクエアを形成する場合、一般的な基準から外れた神秘的な思想の中で葛藤を感じる場合があるようです。

海外では、人生観が根底的に変化するような体験をすることがあるでしょう。