基礎的な本能の快さの好みを表す 天体”月”

西洋占星術に於ける  Moon

月蟹座のルーラー(支配星)

  • 公転周期…28日(おおよそ27.33日)
  • 逆行周期…逆行なし。
  • 人物…妻・母親、乳幼児、従業員、女性
  • 象徴…感情、習慣、個人的な欲望や心、繁殖、イメージ力
  • 身体部位…リンパ腺、分泌物、液体、子宮

月の公転周期

月は、約28日でホロスコープ上の12サインを通過します。
1つのサインに、約2日半で通過します。
1日に、約13度進んでいきます。

スポンサーリンク

 

月の逆行

月は、地球の衛星ですから、逆行はありません。
逆行とは、通常の運行である反対に運行しているように見える事を言います。
地球から見える状態であり、実際に天体が逆に移動することはありません。

スポンサーリンク

西洋占星術に於ける””の象徴

月は個人の基本的な人格を形成し体と結びついています。
基本的な知識が備わる前の人間の基本的な感覚を担当しています。
この世に生まれて、何の自覚もない段階でインプットされた受動的なプログラムです。
その人の土台の部分であり、基本的な気質です。
月は、その人の”素顔”の部分を表します。
本人にとっては、無自覚ですが、他人からはその癖がよく見ることができます。
その人の本質的な性格を知るには、月の状態を知る方が的確でしょう。
ただ、月は”素顔”の部分ですから、会社や公の場で見られる”表の顔”とは違います。

スポンサーリンク

月は人格の基礎と自覚のない行動パターン

発達年齢域と年齢に影響する期間
0歳頃から7歳頃まで

人がこの世に誕生し(0歳)から7歳頃の期間に発達します。
物心がつく前の出来事ですから全て受動的です。
本人に選択しがなく受け入れるわけですから本人が意識しない、無意識な面に現れます。

新生児から7歳までの期間で一番身近な人間関係は「母親」です。
月は「母親」を表しますから無意識に母親からの影響を受け、それが本人の根本的な性質を作り上げます。
「三つ子の魂百まで」のような部分にあたります。

スポンサーリンク

各12ハウスに在室する「月」

占星術におけるホロスコープの「ハウス」は、第1ハウスから第12ハウスまであります。
各ハウスそれぞれは、活動の「場」を表します。

ハウスに在室する月は、そのハウスにおけるシーンで「月」の本質がどのように表現され、活動するのかを知ることが出来ます。