マイナーアスペクト(第二種座相)は、それほど重要視されていません。
まずは、メジャーアスペクトをしっかり読み解き、その上で補助的にマイナーアスペクトを加味します。

太陽や月が、何らかのメジャーアスペクトをつくり、その天体にマイナーアスペクトをつくり出している場合もあります。
その際は、やはりマイナーアスペクトも考慮したいですよね。

ここでは、簡単にマイナーアスペクトをご紹介させて頂きます。

オーブ(許容度数)

アスペクトには、許容度数があります。

例えば、30度のアスペクト(セミセクスタイル)は、30度であればマイナーアスペクトなりに影響が強く現れます。
しかし、32度でも影響がないわけではなく、30度よりも少し劣りますが影響があるのです。
その許容度数のことを「オーブ」と言います。
そのオーブは、メジャーアスペクトよりは狭くなります。

イージーアスペクトとハードアスペクト

”ソフト(イージー)””ハード(ディフィカルト)”アスペクトがあります。

  • イージーの意味は、容易。簡易。手軽。
  • ディフィカルトの意味は、物事が難しいさま。困難なさま。

ここでは、「イージー」「ハード」で表現させて頂きます。

この記事では、マイナーアスペクトのみをご紹介します。
スポンサーリンク

マイナーアスペクトの種類

30° セミセクスタイル記号セミセクスタイル(Semi sextile)

30° セミセクスタイル

アスペクト記号30° セミセクスタイル記号
角度:30度
オーブ:±2度
イージーアスペクト

二つの感受点が、セクスタイルの半分の30度の角度をつくるアスペクトです。
セクスタイルよりは、影響が弱くなります。

1サイン30度ですから、この関係は次のサインとの関係になります。
元素も”火と地”、”地と風”、”風と水”、”水と地”の関係です。
火で起こした活動を地で定着させる流れにはなりますが。
セクスタイルのようなスムーズに交じり合わない傾向があります。
能力を発揮するには、努力が必要です。

45° セミスクエア記号セミスクエア(Semi square)

45° セミスクエア

アスペクト記号45° セミスクエア記号
角度:45度
オーブ:±2度
ハードアスペクト

二つの感受点が、スクエアの半分の45度の角度をつくるアスペクトです。
スクエアよりは、影響が弱くなります。

45度の距離間はサインが次のサインになるか、一つ飛び越えたサインになります。
例えば、乙女座の25度ならば蠍座の10度になります。
元素は地と水となりますから、交じり合わない関係ではありません。
位置関係によっては、さほどハードなアスペクトでもなさそうです。
スポンサーリンク

72° キンタイル記号クィンタイル(Quintile)

72° キンタイル-min

アスペクト記号72° キンタイル記号
角度:72度
オーブ:±2度
イージーアスペクト

72度!?一見中途半端な数字に思えますが、円を5分割した角度です。
その点を一筆書きで描くと五芒星を描くことが出来ます。
黄金比を数多く含む五芒星は美しい図形の代表格とされています。

アスペクト72度は、調和・援助・創造性を表し精神的な努力を示めします。
スポンサーリンク

135° セスクィクォドレート記号セスクィクォドレート(Sesquiquadrate)

135° セスクィクォドレート

アスペクト記号135° セスクィクォドレート記号
角度:135度(衝)
オーブ:±2度
ハードアスペクト

二つの感受点が、スクエアとセミスクエアを足した角度、135度のアスペクトです。
困難と緊張を表します。

スポンサーリンク

150° インコンジャンクト記号クィンカンクス(Quincunx)

150° インコンジャンクト

アスペクト記号150° インコンジャンクト記号
角度:150度
オーブ:±3度
ハードアスペクト

二つの感受点は、元素が異質でお互い関わりを持たない合わない関係です。

”山羊座(地)と獅子座(火)”もしくは、”山羊座(地)と双子座(風)”というよに、資質の違う者同士アスペクトです。
アスペクトとしの関係を結ぶため必然的に関わりを持つのですが、摩擦が生じやすい関係です。
しかし、異質な元素同士の関わりは磨かれることで、輝くので価値が表れるのでメリットはあります。
スポンサーリンク